ホッケー日本リーグの女子最終節最終日は17日、立命館OICフィールドでファイナルステージ決勝など4試合を行った。ソニーHC(レギュラーステージ社会人1位)は決勝で、山梨学院(同大学1位)を5-1で圧倒し、史上初の5連覇を達成した。7位決定戦の東海学院大(同大学2位)は、南都銀行(同社会人4位)に0-2で敗れ、8位だった。

 ソニーは、第1クオーター14分にカウンターからFW永井友理のゴールで先制。第2クオーターにはFB小川里佳の2得点など3点を加え、一気に試合を決めた。

 東海学院大は第2クオーター4分に失点すると、第3クオーター4分にもPCから追加点を奪われた...    
<記事全文を読む>