【ロンドン=共同】男子で世界ランキング5位の張本智和(16)=木下グループ=が16日、日本協会が定める東京五輪代表の選考基準を満たし、シングルス代表入りが確実となった。男子で基準を満たしたのは初めて。正式決定すれば、張本は初の五輪出場となる。

 日本協会はシングルス代表について、来年1月の世界ランキングで男女とも日本勢上位2選手を選ぶとしている。16日は来年1月時点で有効なランキングポイントで日本勢3番手の丹羽孝希(スヴェンソン)がワールドツアーのオーストリア・オープン(リンツ=オーストリア)で敗れ、張本の2位以内が確実となった。

<記事全文を読む>