ラグビーワールドカップ(W杯)に日本代表として出場し、ベスト8の躍進に貢献した神戸製鋼の4選手が16日、神戸市東灘区御影浜町の「灘浜グラウンド」で開催されたイベントに登場、“凱旋”を果たした。代表メンバーが地元ファンの前に姿を見せるのはW杯後初めてで、W杯期間中の応援に感謝を伝えた。集まった約2千人のファンが「お帰り!」と声を掛け、今後の活躍を期待した。(堀内達成)

 イベントは毎年開いているファン感謝祭「コベルコチャリティーマッチ」。NTTドコモとの試合が催されたほか、ラグビーの体験コーナーや選手が使用したスパイクなどを販売する売り場も設けられた。...    
<記事全文を読む>