ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で、日本代表の主力として初の8強入りに大きく貢献した文理大付高出身のPR具智元(グ・ジウォン)(25)=ホンダ=が佐伯市に凱旋(がいせん)した。今大会で得た手応え、4年後のフランス大会に懸ける思いを聞いた。
 1次リーグは3試合で先発メンバーに名を連ねた。スクラムの要として強豪を相手に互角以上の強さを示し、「スクラムでもフィールドプレーでも自分の力が通用すると感じた。大きな自信になった」という。
 最も印象に残っているのがアイルランド戦。FW8人が一つになったスクラムで相手の反則を誘うと、珍しく感情を爆発させ、雄たけびを上げた。...    
<記事全文を読む>