最新設備決め手に

 二〇二〇年東京五輪の水泳競技(飛び込み)に向け、金沢市とロシア飛込(とびこみ)連盟は十五日、事前合宿を市内で行う協定を結んだ。協定はいずれもフランスの水泳、重量挙げの団体に続いて三件目。世界トップレベルの選手が練習することで、競技への関心や地元選手の技術向上が期待されるほか、文化的な交流や五輪観戦に訪れる観光客の誘致につなげる。(押川恵理子)

 事前合宿はワールドカップ(W杯)直前の四月十一~十九日、五輪前の七月十四~二十二日、七月二十八日~八月四日の予定。四月は選手十二人ほどが練習を予定しているが、公開...    
<記事全文を読む>