アーチェリーの東京五輪代表1次選考会は14日、本番会場となる東京都江東区の夢の島公園アーチェリー場で行われ、男子は2012年ロンドン五輪銀メダリストの古川高晴(近大職)や同五輪代表の菊地栄樹(エディオン)、今年の世界選手権代表の武藤弘樹(慶大)ら上位8人が順当に2次選考会に進んだ。県勢は女子の杉本智美(ミキハウス、浜松商高出)と山内梓(近大、浜松商高出)が進出した。
 女子は他にロンドン五輪団体銅メダルの早川漣(デンソーソリューション)や17歳の園田稚(東京・足立新田高)らが突破した。
 2次選考会は来年3月21、22日に、最終選考会は4月11、12日に開催され、男...    
<記事全文を読む>