プロボクシングの東洋太平洋女子ミニマム級王者の廣本江瑠香(広島三栄)が17日、地元の岩国市総合体育館武道場で初の防衛戦に臨む。「20歳までに世界王者」が目標の19歳にとって、ここは通過点。「自分のボクシングを貫いて勝つ」と意気込む。

...    
<記事全文を読む>