トライアル競技の選手で鈴鹿市拠点の「チームミタニホンダ」所属の小川友幸さん(43)=菰野町潤田=が、全日本選手権国際A級スーパークラスで年間王者となり、七年連続九回目の偉業を達成した。市役所で十三日、喜びの会見に臨み、来年の目標に「通算V10」を掲げた。

 トライアルは、シートのない特殊なバイクで岩場などの障害物があるコースを制限時間内に走破し、その正確性を競う。今季の全日本選手権は各地で全七戦が組まれ、宮城県で三日にあった最終戦に小川さんは得点ランキングトップで出場。五位以上で年間王者が決まる中、今季三回目の優勝で周囲を圧倒した。

 過去に六連覇以上は他になく...    
<記事全文を読む>