カーリング女子の道銀(札幌)は、新加入のメンバー1人を選考するトライアウトの参加者を募集している。国内チームが実施するのは初めてという。

 道銀は2014年ソチ五輪出場の強豪。中心選手の小笠原歩が昨年6月に退団した後、スキップの吉村紗也香ら4人となり、控え選手がいない状況だった。

 チームは22年北京五輪出場を目指し、戦力補強を模索。通常は関係者からの紹介などで選手移籍が決まるというが、道銀は人材を幅広く募る狙いでトライアウト実施を決めた。

 対象は日本選手権や全国高校選手権など主要大会への出場経験がある選手で、競技歴をまとめた履歴書をチーム運営会社...    
<記事全文を読む>