体操の国際ジュニア大会に出場する宮の原中3年の谷田雅治(たにだまさはる)(作新クラブ)と陽北中2年の鈴木一太(すずきいちた)(オリオンスポーツクラブ)が13日に県庁を訪れ、荒川政利(あらかわまさとし)県教育長に大会の抱負を語った。

 今夏の全国中学大会で個人優勝を果たした谷田は29、30の両日にロシアで開かれるボローニンカップ、鈴木は23日にオーストリアで開催されるフューチャーカップに個人と団体で出場する。両大会とも過去に内村航平(うちむらこうへい)や白井健三(しらいけんぞう)らが出場し、五輪選手の登竜門となっている。

...    
<記事全文を読む>