父・展也さん「金メダルも不可能でない」

 射撃のアジア選手権の女子ライフル3姿勢で三位に入り、東京五輪出場を決めた能美市大成町出身の平田しおり選手(20)=明治大二年=をたたえる懸垂幕が十三日、市役所に掲げられた。駆けつけた父展也(のぶや)さん(47)は報道陣の取材に「よくあそこまで上り詰めた」とまな娘をほめ、「まだ時間はある。五輪での金メダルも不可能ではない」とさらなる躍進に期待を込めた。(吉野淳一)

 懸垂幕は縦八メートル、横一メートルほど。「銅メダルおめでとう」などと書かれている。

 市役所では、井出敏朗市...    
<記事全文を読む>