社会人ラグビーのトップチャレンジリーグが15日、開幕する。ワールドカップ(W杯)日本大会で注目度が増し、観客増加が見込まれる今季。マツダの斉藤遼太郎主将は「代表から得た感動を一過性のものにしたくない。積極的に仕掛け、勇気や元気を与えたい」。使命感を胸にシーズンに臨む。

...    
<記事全文を読む>