東京五輪会場となる東京有明体操競技場で二十八日に開幕する「世界トランポリン競技選手権大会」に出場する、磐田市の静岡産業大トランポリン部の四選手が十二日、市役所を訪ね、渡部修市長に健闘を誓った。

 訪ねたのは、トランポリン男子個人に出場する海野大透選手(二年)、タンブリング男子の又吉健斗選手(一年)と草ケ谷剛選手(三年)、ダブルミニトランポリン男子の谷口遼平選手(同部コーチ)。大会は東京五輪の代表選手選考会を兼ね、海野選手は、決勝に進出して日本人最上位に食い込めば、日本代表に内定する。

 市役所で渡部市長から激励を受けた海野選手は「楽しんで大会に臨み、五輪代表を決...    
<記事全文を読む>