ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本代表で、龍ケ崎市の流通経済大出身の中島イシレリ選手(30)が十二日、市役所を訪れ、市特別功労賞を贈られた。

 中島選手はトンガ出身。大学時代の二〇〇八年から四年間、市内の学生寮で暮らした。W杯ではスクラム最前列のプロップとして全試合に出場し、日本初のベスト8入りに貢献した。トレードマークの金色の髪と口ひげは、流経大ラグビー部のチームカラーにちなみ、大会前に染めたという。

 市役所では職員ら約二百人から拍手で出迎えられた。中山一生市長から表彰状を受け取ると「この町で僕のラグビーが始まったから、今まで応援してくれ、今日も呼んでくれ...    
<記事全文を読む>