第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」の本県選手団の解団式が11日、静岡市内で行われ、優勝した個人・団体14種目の選手らが知事顕彰を受けた。
 8年ぶりに王者に返り咲いたサッカー少年男子や、3年ぶりの頂点に立った水泳成年男子高飛び込みの萩田拓馬(静岡ビル保善)らが賞状を受け取った。萩田は「来年の東京五輪出場が目標。まずは2月のワールドカップ選考会に向けて照準を合わせたい」と決意を新たにした。
 今大会の本県の成績は天皇杯(男女総合)17位、皇后杯(女子総合)19位。天皇杯は昨年より順位を二つ上げ、団体種目と格技の活躍が目立った。選手団総監督の石川恵一朗県体協専...    
<記事全文を読む>