和歌山県で第5回梅の里カップ・ボルダリング大会(県山岳連盟主催、みなべ町、梅の里スポーツクライミング事業実行委員会共催)が10日、みなべ町清川の旧清川中学校体育館であり、149人が壁に設けられた課題のコースに挑んだ。

 今回初めて日本山岳・スポーツクライミング協会(JMSCA)公認大会となった。オープン、ミドル、ファン、ジュニア、ジュニアファンの5クラスに分かれて競技した。県内の他、奈良県や大阪府、三重県などから参加があった。

 午前中が予選、午後からは決勝で、選手は壁に付けられた、ホールドと呼ばれる突起をつかんだり、足をかけたりしながら、登...    
<記事全文を読む>