「まだ整理がつかない…」。2009年11月3日。国立競技場で行われたJリーグのヤマザキナビスコ・カップ(現YBCルヴァン・カップ)決勝で敗れた川崎の中村憲剛からは絶望感しか伝わってこなかった。過去も2度、準優勝。悲しみに打ちひしがれた川崎の選手たちは表彰式でメダルをすぐに外したり、ガムをかむなど非礼な行為をしたことで激しい非難を浴びた。

 当時の鬼武健二チェアマンも「許せない態度。負けたのは己の責任。全ての人に失礼」と怒りをあらわにした。川崎は賞金5000万円の返上を申し出る事態に発展。Jリーグ側は賞金の返納に応じない代わりに、サッカーの普及活動などに使うよう...    
<記事全文を読む>