小国町の白い森生涯学習講座・スポーツ講演会が9日、おぐに開発総合センターで開かれた。陸上男子の北京五輪400メートルリレー銀メダリスト朝原宣治さん(47)が講演し、躍進した五輪の裏側やけがを乗り越えたエピソードを紹介した。

 北京五輪は本番直前の練習でバトンパスが失敗したもののレースでは修正し、「長年のチームメートに対する信頼があったからこそ」と述懐した。100メートルなどに出たアトランタ五輪の後は足を疲労骨折し、意欲を失いかけたが「走ることが好き」と原点回帰。一から練習を積み重ね、シドニー五輪の400メートルリレー出場につなげた。

 北京五...    
<記事全文を読む>