男子テニスのATPチャレンジツアー「兵庫ノアチャレンジャー」最終日は10日、三木市のブルボンビーンズドームでシングルスとダブルスの決勝があり、シングルスは昨年準優勝の綿貫陽介(日清食品、西宮甲英高出)が6-2、6-4のストレート勝ちで第2シードの杉田祐一(三菱電機)を退け、初優勝を飾った。ダブルスはインドペアが頂点に立った。

...    
<記事全文を読む>