日本ハンドボールリーグの琉球コラソンは10日、浦添市のANA ALENA浦添で湧永製薬と今季第14戦を行い、
21-26で敗れて開幕14連敗となった。試合は琉球新報社の冠試合。

  前半は粘り強いパス回しから得点を重ねて14-10でリードした。しかし、後半は相手守備を崩せずに苦しみ、逆転された。

  次戦は16日、同アリーナで大同特殊鋼と対戦する。【琉球新報電子版】

...    
<記事全文を読む>