9日に行われた第44回日本ハンドボールリーグ、トヨタ紡織九州-トヨタ車体戦のハーフタイムに、12年ぶりにJOCジュニアオリンピックカップ(12月・埼玉県)への出場を決めた女子の県選抜チームが出場を報告した。

 中学生15人で構成する県選抜チームは10月に佐賀市であった九州地区予選会に出場。初戦を落とし敗者戦に回ったものの、福岡、大分を破って3位入賞を果たした。

 選手たちは一人ずつ場内アナウンスに合わせて登場し、神埼中3年の横尾藍乃主将は「全力を尽くしてベスト8以上を目指す」と堂々と決意表明した。

...    
<記事全文を読む>