2020年東京五輪の7人制ラグビー男女日本代表が来年6月下旬から7月上旬、札幌市南区の北海道バーバリアンズ定山渓グラウンドで合宿する。男子チームには福岡堅樹選手(パナソニック)らワールドカップ(W杯)で活躍した選手も複数選抜される可能性が高く、北海道ラグビー協会は合宿に合わせ、代表も参加する7人制大会を計画している。

 定山渓グラウンドはNPO法人「北海道バーバリアンズラグビー&スポーツクラブ」が所有し、天然芝のラグビー場2面と屋内練習場、トレーニング機器を備えたクラブハウスがある。日本オリンピック委員会(JOC)は17年、日本代表の練習拠点「認定競技別強化センター」に指定...    
<記事全文を読む>