ダブル世界戦各12回戦が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝で世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)王者の26歳、井上尚弥(大橋)がWBA同級スーパー王者で36歳のノニト・ドネア(フィリピン)を3-0の判定で下し、優勝した。

 井上尚はドネアと果敢に打ち合い、11回に左ボディーでダウンを奪った。WBAは3度目の防衛に成功し、スーパー王座を獲得。IBFは初防衛を果たした。戦績は19戦全勝(16KO)、ドネアは46戦40勝(26KO)6敗。

 世界ボクシング評議会(WBC)同級王...    
<記事全文を読む>