青森県八戸市に国内3カ所目の屋内スピードスケート場「YSアリーナ八戸」がオープンして1カ月余りが過ぎた。10月下旬には全日本距離別選手権が開かれ、連日3千人以上の観客でにぎわった。今後、帯広市所有の「明治北海道十勝オーバル」(芽室町)、長野市の「エムウエーブ」と切磋琢磨(せっさたくま)しながら共存していくことになる。八戸市に屋内リンクができた経緯や今後の展望などをまとめた。(広田まさの)

 「子どもたちもたくさん見に来てくれて大盛況だった」。10月25~27日にYSの初の公式大会として開かれ、高木美帆選手ら十勝勢の選手が躍動した同選手権を終え、米内正明館長(69)は手応えを...    
<記事全文を読む>