群馬県中学駅伝は9日、渋川市総合公園陸上競技場を主会場とするコース(男子6区間16.7キロ、女子5区間11.01キロ)で行われる。女子は午前10時、男子は同11時スタート予定。男女優勝校は全国大会(12月、滋賀)の出場権を得る。過去3年間は前橋の平たんなコースが舞台だったが、4年ぶりとなる渋川のコースは起伏が激しく、各チームの対応力が問われる。

◎男子 実力校多数で混戦必至
 男子は混戦が予想される。県新人駅伝を制したみどり笠懸南を中心に、粒ぞろいの高崎群馬南、トラックで全国大会経験があるエース樺沢温輝を擁する前橋富士見など、力のある学校がしのぎを削る。...    
<記事全文を読む>