レスリングの全国大会で三位以上に入った志賀町の小中学生三人が一日、町役場を訪れ、間嶋正剛教育長に結果を報告した。

 三人は、十月十九、二十の両日に静岡県焼津市であった「第十四回全日本女子オープンレスリング選手権大会」に出場。志賀中学校二年の岡田夢生(ゆう)さん(14)は中学生の部39キロ級で、志賀小学校六年の永谷優来(ゆら)さん(11)はキッズ五・六年生の部36キロ級でそれぞれ優勝。同五年の谷内絵美里さん(11)はキッズ五・六年生の部40キロ級で三位だった。

 永谷悟史監督(40)によると、最近は好調な高校生と一緒に練習する機会が多く「休まないレスリング」ができ...    
<記事全文を読む>