アスリートに学ぶ 各地でイベントや教室 

◆長距離走のこつ伝授 伊佐見小

 浜松市西区の伊佐見小学校で五日、走り方教室が開かれた。同校卒業生で浜松日体高校陸上部顧問の北條尚(たかし)さん(32)が講師を務め、児童約五百五十人に長距離走のこつを教えた。

 北條さんは二〇一〇年、明治大の選手として箱根駅伝を走り、1区区間賞をとった経歴を持つ。二十六日に控える学校の持久走大会に向けて企画された。

 北條さんは「この小学校にいた頃、持久走大会の最高成績は六年生の時の六位だった」と振り返り、「決して一番速い選手ではなか...    
<記事全文を読む>