2013年夏の全国高校野球選手権で初優勝した前橋育英高の元甲子園球児、田村ハヤト(24)がプロレスデビューを飾った。けがで野球をあきらめ、憧れだった舞台に活躍の場を求めた。前橋育英高の快進撃を支えた堅守を例えに「『攻撃的な守備』で暴れたい」とリング上で最強を目指す。

◎マットの世界で最強へ

田村は9月に東京・後楽園ホールで行われた、新団体「JUST TAP OUT」の旗揚げ第2戦でデビュー。師匠のTAKAみちのくを相手に、タックルやフロントネックロックを繰り出した。試合は惜しくも敗れ、「途中で顎が外れたし、周りが見えなかった」と振り返った。

<記事全文を読む>