「FIA―F4」日本選手権の第13、14戦が2、3の両日、栃木県・ツインリンクもてぎ(1周約4.8キロ)で行われ、高知県土佐市出身の岡本大地(サクセスレーシング)は第13戦で6位に入賞、第14戦は9位だった。同選手権は今季の日程を全て終え、初のフル参戦だった岡本は年間ランキングで10位(計65ポイント)となった。
 
 2日午前の予選で、岡本はベストタイム1分57秒925、セカンドタイムが1分57秒969。この結果、グリッド順は第13戦が13位、第14戦が11位となった。
 
 同日午後の第13戦決勝(13周)には35台が出走した。岡本は1周目序...    
<記事全文を読む>