スピードスケートの帯広の森競技会最終日は4日、明治北海道十勝オーバル男女4種目を行った。男子1000メートルは藤野裕人(ジョイフィット、標茶高出)が1分10秒31の大会新で初優勝。女子3000メートルは高橋菜那(ダイチ、白樺高出)が4分15秒90で制し、1500メートルに続き2冠を果たした。

...    
<記事全文を読む>