東京五輪出場を目指すベトナムの柔道チームが2日、県内でトレーニングキャンプに入った。五輪の事前合宿を県内で行う予定で、今回は環境に慣れることが目的。今月末、フィリピンで開幕する東南アジア競技大会に向けた調整もする。19日まで長崎市内の高校などで練習や交流を重ねる。

 来日したのは男子選手2人、女子選手12人。女子では今年の世界柔道で3回戦に進んだグエン・ティ・タイン・トゥイ選手(25)らに五輪出場の期待がかかる。

 キャンプ初日の2日、選手たちは強豪の長崎明誠高校を訪れ、柔道部員と乱取りなどで汗を流した。コーチのグエン・ドゥイ・カインさん(37)は「良い結果が出...    
<記事全文を読む>