2020年東京五輪正式種目「セーリング」のレーザー級全日本選手権が1~4日、浜松市北、西区の浜名湖で開催され、東京五輪出場を目指す全国トップ級を含む142選手が出場した。
 レーザー級は1人乗りで、「ヨット界の花形」とも言われる種目。同選手権は種目をさらに細分化し、帆が大きい順で「スタンダード」「ラジアル」「4・7」の3種目を行った。各選手は風や波の変化を見極め、巧みに船を操りながらレースを競い合った。
 県勢は東京五輪の男子種目になっているスタンダード(レーザー)級の3位に杉山航一朗選手(清水、JA静岡中央会)が入賞。4・7級の2位には山崎彩加選手(清水、東海大静...    
<記事全文を読む>