アイスホッケーアジアリーグの王子イーグルスは3日、苫小牧市白鳥王子アイスアリーナで東北フリーブレイズと第4戦を行い、6―3で逆転勝利した。苫小牧での年内最後のホームゲームでファンに白星を届けた。

 王子は0―0で迎えた第2ピリオド序盤に2失点し、追う展開に。直後にFW三田村がゴール前のリバウンドを押し込み得点。終盤には相手が反則で人数が1人少ないパワープレーで、FW中屋敷が同点ゴールを決めた。第3ピリオドではキャプテンのDF山下が相手5人の隙を突くロングシュートで逆転。その後1点を返されたが、FW大沢がゴール前に陣取りパスに合わせる形で2連続得点を挙げるなどして逃げ切った。...    
<記事全文を読む>