アイスホッケーアジアリーグは3日、苫小牧白鳥王子ほかで2試合を行い、3位の王子が7位東北を6―3で破り、連勝を6に伸ばした。0―2の第2ピリオドに、FW三田村、FW中屋敷のゴールで同点に。3―3で迎えた第3ピリオド後半にFW大沢が2点を挙げて試合を決めた。

 6位のひがし北海道クレインズは4位日光に競り勝ち、連敗を4で止めた。

...    
<記事全文を読む>