フェンシングの全日本選手権個人戦最終日は3日、東京・渋谷のLINE CUBE SHIBUYAで男子の決勝が行われ、エペは6月のアジア選手権覇者の山田優(まさる)(自衛隊)=鳥羽市出身=が世界ランキング1位の見延和靖(ネクサス)を15―12で破り、2年ぶり2度目の優勝を果たした。

鳥羽フェンシングクラブで競技を始めて鳥羽高、日本大学を経て現在25歳。鳥羽高では男子個人エペで高2から2年連続でインターハイを制した。全日本選手権で初優勝した2年前は姉・あゆみとともに史上初のきょうだい優勝を果たした。

...    
<記事全文を読む>