バドミントン団体戦の国内最高峰S/Jリーグは3日、札幌市北ガスアリーナ札幌46で男女各4試合を行った。女子Jブロックの北都銀行は山陰合同銀行(島根)を3―0で下し、開幕2連勝を飾った。

 第1ダブルスは世界ランキング1位の永原和可那、松本麻佑組で臨み、勝負どころでスマッシュを決めてストレート勝ち。シングルスは日本B代表の川上紗恵奈が出場し、第1ゲームを奪った後の第2ゲームは終盤までリードを許したが、連続得点で追い付き逆転でものにした。第2ダブルスの浦谷夏未、田中志穂組も2―0で勝った。

...    
<記事全文を読む>