◇南アフリカ32-12イングランド

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会最終日は2日、横浜・日産スタジアムで決勝が行われ、南アフリカがイングランドを32-12で破り、3大会ぶりの世界一に輝いた。優勝3度はニュージーランドに並んで最多。

 南アフリカは1次リーグ初戦でニュージーランドに敗れており、黒星を喫したチームの優勝は第9回の今大会で初めて。初の8強入りを果たした日本を準々決勝で退け、準決勝はウェールズに競り勝つなど立ち直った。南半球勢の優勝は8度目。

 2007年大会決勝と同じ顔合わせ。FW戦で優位に...    
<記事全文を読む>