県内3市で開かれる女子ハンドボール世界選手権大会の開幕まで1カ月となった31日、県内各地にカウントダウンボードが設置されるなどPR活動が本格化した。県PRキャラクターくまモンも引っ張りだこで、熊本城近くの観光施設には「ハンドボールをするくまモン」の像も登場した。

 日本郵便の県内30店舗には、大会開幕の11月30日までを数えるカウントダウンボードが設置された。県庁も、最近までラグビーワールドカップ仕様だった総合受付の装いを一新。ボードやつり看板を設置し、スタッフは大会PR用の法被を着て対応している。

 

 

 熊本市中央区の観光施設...    
<記事全文を読む>