男子81キロ級の代表争いは混戦だ。リオ五輪銅メダルで世界ランキング15位の永瀬貴規(旭化成)=長崎市出身=が大けがを乗り越えて国際大会3連勝中。10月のグランドスラム(GS)ブラジリア大会で優勝後「また世界を狙える位置に来ていると思うと同時に、ここから厳しい戦いが続いていく。また強くならないと」と力を込めた。

 2015年の世界選手権を制し、翌年のリオ五輪で銅メダル。だが、17年の世界選手権で右膝を負傷して手術を受けた。昨夏に実戦復帰したものの、11月の講道館杯で初戦敗退。それでも今年は4月の全日本選抜体重別選手権で復活優勝を飾り、国際大会で快進撃中だ。日本勢トップの世界ラ...    
<記事全文を読む>