来年の東京五輪の柔道日本代表選考会を兼ねた講道館杯全日本体重別選手権は2、3日、千葉市の千葉ポートアリーナで行われる。女子48キロ級で大逆転代表入りを目指すのが、4月の全日本選抜体重別選手権などシニアの大会で結果を出してきた18歳で世界ランキング(10月28日現在)28位の古賀若菜(福岡・南筑高3年)だ。世界選手権で3大会続けて決勝に進出している同2位の渡名喜風南(パーク24)が大きくリードするが、52キロ級で2017年同選手権銀メダルの角田夏実(了徳寺大職)が階級を下げて講道館杯に臨むなど波乱含みとなってきた日本の看板階級。24年パリ五輪の代表候補とみられてきた古賀が大まくりを狙う。...    
<記事全文を読む>