ソフトテニスの世界選手権は31日、中国・台州市で男女の団体があり、男子は日本が決勝で韓国を2―1で破り2連覇を達成。女子は日本が韓国を2―0で下して7大会ぶりの頂点に立った。男女の同時優勝は1981年以来、3度目。

...    
<記事全文を読む>