隊列を組んで行進や規則正しい動作を見せる日本体育大の演技「集団行動」の合宿が31日、中山町総合体育館で始まった。練習は公開され、集まった町民らを前に学生がきびきびとした動きを披露した。

 日体大の集団行動は50年以上にわたり行われている伝統の演技。学生有志を募ってチームを組み、日体大体育研究発表実演会で披露している。今年のチームは約10分間の演技を学生、スタッフが考案し、8月から練習に取り組んできた。11月13日に横浜市で開かれる本番を控え、3日間の日程で合宿を組んでいる。

 初日の練習では、駆け足しの状態のまま、四角形や円を描いたり、後ろ向...    
<記事全文を読む>