セキスイハイム東海CUP第48回静岡県アマチュアゴルフ選手権(県ゴルフ連盟、静岡新聞社・静岡放送主催)決勝は7日、静岡カントリー浜岡C高松コース(6571ヤード、パー72)で最終日のラウンドを行った。2位と4打差の首位から出た岩崎亜久竜(日大)は、7番でトリプルボギーをたたくなど苦しんだが、後半に立て直し通算4アンダーの140で2年連続3度目の優勝を果たし、永久シード権を獲得した。
 3打差の2位に2017年大会優勝の松浦安洋(静岡市)が入り、杉田龍英(日大)が3年連続の3位。浜松日体中の仲西郷が9位と健闘した。
 シード保持者を除く上位20人は来年の本大会決勝シー...    
<記事全文を読む>