日本女子プロゴルフ協会の最終プロテストは5日、100人が出場して笠岡市のJFE瀬戸内海GC(6398ヤード、パー72)で第1ラウンドが行われ、プリンセス・スペラル(フィリピン)が4アンダー、68で単独首位に立った。岡山勢ではレギュラーツアーでも実績がある丹萌乃(作陽高出)が3打差の15位につけた。

 他の岡山勢は石川怜奈(作陽高出)が1オーバーの42位、ナショナルメンバーの小倉彩愛(操山高出)が2オーバーの53位、須江唯加(作陽高出)が4オーバーの81位。

 トップと1打差の2位に鬼塚貴理ら6人、さらに1打差の8位に2017年日本女子アマチュ...    
<記事全文を読む>