2020年東京パラリンピックの出場が内定している陸上の佐藤友祈選手(30)=藤枝市出身、ワールドアスリートクラブ=が28日、通信機器のシスコシステムズ(東京都)のアスリートアンバサダーに就任した。都内で開かれた記者発表会で、佐藤選手は「東京大会で世界記録を更新して金メダルを取りたい」と決意を語った。
 リオデジャネイロ大会では男子400メートル、1500メートル(ともに車いすT52)で銀メダルを獲得。2種目とも18年には世界記録を更新し、今月の世界選手権でも優勝したが「パラリンピックのタイトルは未獲得なので挑戦者」とし、「新国立競技場のみんなの前で世界記録を更新してタイトルを...    
<記事全文を読む>