東京五輪に出場が内定し福岡国際マラソン(12月1日)に出場するベルギーのクン・ナールト選手(30)が25日、事前キャンプ地の水戸市平須町の市立寿小(霜田豊校長)を訪問し、5年生106人に長距離の走り方を教えた。同市などは2020年東京五輪で同国選手団の事前キャンプを受け入れる予定で、走ることを通じて地元の子どもたちと交流を深めた。

ナールト選手は18年ヨーロッパ選手権優勝、19年ロッテルダムマラソン7位の成績を残している。福岡国際マラソンに向けて18〜26日、水戸市内に滞在した。

同日、児童はベルギー国旗と校章がしるされた旗を手に持ち、ナールト...    
<記事全文を読む>