陸上の3000メートルで国体2連覇を果たすなど九州屈指の中長距離ランナーとして活躍する林田洋翔(長崎・瓊浦高3年)が、来春MHPS(長崎市)へ入社する。同社は昨夏のアジア大会男子マラソンを制した井上大仁らを擁する陸上長距離の強豪。林田は「大学より上のレベルで戦いたかった。世界のトップで戦うのが目標」と地元から世界へ羽ばたく。

 林田は長崎・桜が原中3年時の2016年秋、国体少年男子B3000メートルで8分19秒14の中学新記録(当時)を出して優勝。瓊浦高1年秋の国体も同じ種目を制した。昨秋に長崎県諫早市で行われたナイター記録会1万メートルでは長崎県高校記録(28分45秒75...    
<記事全文を読む>