第39回全日本実業団対抗女子駅伝は24日、宮城県の松島町文化観光交流会館前から弘進ゴムアスリートパーク仙台までの6区間(42・195キロ)で行われ、全国22チームが覇権を争う。

 神奈川からはパナソニック(20年連続31度目)が出場。前回は序盤から先頭争いを演じ、2位に57秒差をつける独走で2年連続2度目の優勝を飾った。今年は若手ランナーを中心に全体の底上げに成功し、史上4チーム目の3連覇を目指す。

 会社創業100周年と重なった前大会で見事に2連覇を達成したパナソニック。チームは今季、さらに力を蓄え史上4チーム目の3連覇に挑む。

 昨年は、エース級...    
<記事全文を読む>