札幌市は、厚別公園競技場(厚別区上野幌)を大規模改修することを決めた。走路などの傷みが激しく、日本陸連による公認が受けられないことが分かった。改修工事は来年4~6月末の見通しで、7月は2020年東京五輪サッカー1次予選の練習場として使用されるため、4~7月は競技場の一般使用はできなくなる。使用を予定していた競技団体などが対応に追われている。

 1986年に市が開設した厚別公園競技場は、全国規模の大会が開催できる道内唯一の第1種公認陸上競技場。公認は5年ごとに日本陸連の検定を受けて更新しなければならず、今月24日に期限を迎えるため市は8月に日本陸連と共に現地調査を実施した。そ...    
<記事全文を読む>