札幌市で行われる2020年東京五輪のマラソン・競歩に向けた大会組織委員会と札幌市、道による第2回実務者会議が18日午前、札幌市内で開かれ、組織委が両種目の発着点について市中心部の大通公園とする案を示し、道と市は了承した。組織委は、マラソンは市中心部を2周、競歩は札幌駅前通を南北に往復するコース原案も説明した。

 会議は中央区内で行われ、組織委の森泰夫大会運営局次長、市スポーツ局の中田雅幸局長、道環境生活部の築地原康志部長らが出席。冒頭以外は非公開で行われた。

 会議後、森氏は両種目の発着点について「スタートとゴールを同じとすることで了解をもらった」と述べ、北海道...    
<記事全文を読む>